2016年6月3日 20カ国・地域グループ(G20)農業担当大臣会議が中国・陝西省西安で開かれました。
会議にはG20参加国とゲスト6ヶ国の農業大臣、国連食糧農業機関、世界食糧計画、国際農業開発基金など国際機関の主要責任者ら260人余りが出席しています。
政府間会議において、日本の農林水産省の代表から、当社のフィリピンにおける実証事業の内容が紹介されました。

(紹介内容)
イーサポートリンク社は、JICAプロジェクトのもと、フィリピン国内2ヵ所でITシステムを導入し、2014年6月から運用を開始している。これらのシステムによって収集される高付加価値データは、フードバリューチェーンの農産物流通情報インフラの基盤となっている。同社は、これらのデータを解析することによって生産者組合、小売、肥料会社との間のビジネスマッチングの有効性に最大限寄与している。

また、G20農業大臣会議と並行してG20農業企業家フォーラムが開催されました。
当社は、農業ビジネス関連企業各社とともにフォーラムに参加し、情報・意見交換をしました。
今後は、アジアにおけるフードバリューチェーン構築のための農産物流通システムの導入にも注力していきたい考えです。