当社は、独立行政法人国際協力機構(JICA)の「2016年度第2回 中小企業海外展開支援事業~案件化調査~」に応募し、「ジャカルタ特別州消費者向け高付加価値農産物の供給改善を通じた零細農家所得向上のための案件化調査」(インドネシア)が採択されました。

当社としては、2012年の「フィリピン共和国農産物流通IT導入案件化調査」に次いで、2度目の採択となりました。

JICAの案件化調査は、“ODAの案件形成および事業化提案”になります。
経済成長著しいインドネシアは、国として農産物流通の改善に対するニーズが高く、効率的な生産・流通体制の構築が必要とされています。
これらのことから、当社の事業および提案内容が現地の開発課題に適合するということが認められ、採択されたことになります。

今後も、生鮮に特化した当社ならではの強みを活かしながら、国内外において事業の領域を拡げてまいります。


国際協力機構(JICA)が、当社の採択についてプレスリリースを出していますので、ご覧ください。
https://www2.jica.go.jp/ja/priv_sme_partner/document/787/A162067_press.pdf