生鮮流通業向け

在庫状況の共有化による
業務プロセス構築ソリューション

S ii MD システム

在庫状況の共有化が、生鮮流通における
業務プロセスの効率化迅速な経営判断を実現する

生産が天候などの自然条件に左右される一方で、鮮度が要求されることから
生鮮流通における在庫管理はコントロールが難しい状況です。同時に今後の厳しい競争の中で
勝ち残るためには刻々と変化する在庫状況をリアルタイムに把握して、
在庫状況とリアルタイムに連動する業務プロセスの構築が求められています。

さまざまな流通業務を
ワンライティングで管理する

販売計画から仕入れ、受注、加工、出荷、そして売上までのプロセスを統合管理することで、生鮮流通業務の最適化をサポートします。

刻々と変化する在庫状況を
部門間でリアルタイムに共有

販売、生産、購買、配送などの各部門が刻々と変化する在庫状況をリアルタイムに共有することにより、在庫ロスの大幅な削減を実現します。

商品単位の損益状況を
把握して迅速な経営判断を

規格外混入や商品破損、廃棄などの在庫状況を確実に管理することで、商品単位のコストや損益をリアルタイムに可視化し、迅速な経営判断をサポートします。

在庫管理をベースに計画・発注・受注・
加工・出荷・計上などのプロセスを統合管理する

「S ii MDシステム」では在庫情報を中心に販売計画から仕入れ、
受注、加工、出荷、そして売上までのプロセスを統合管理することで、
流通工程全体での情報共有と商物一体のリアルタイム運用を可能にします。

画像

主な特徴

部門間で在庫状況を
リアルタイムに共有

在庫情報を中心に各業務プロセスを統合することにより 、刻々と変化する在庫状況を全社でリアルタイムに共有します。

在庫ロスを
大幅に削減

産地や等級など生鮮品特有の属性を体系化することにより、生鮮流通に最適化された在庫管理の仕組みを実現しています。

業務効率を改善して
組織全体でムダをなくす

社内に分散している様々な情報を統合することにより、業務の改善及び組織全体でのプロセス改善を可能にします。

販売計画情報の共有化が
ローコストの現場運用を

販売計画を共有することにより、予定外の入荷に対する迅速な対応や、資材準備、作業計画、人員調整が容易になります。

柔軟なマスタ管理による
コード自動変換

各社が独自に管理している商品コードも自社コードに自動変換するので、仕入れの全体像を把握することが可能になります。

商品個別での
損益情報の把握

これまでドンブリ勘定だった損益管理も、商品別にコストや損益をリアルタイムに可視化し、迅速な経営判断を可能にします。

不定貫取引など
業界特有の運用にも対応

生鮮流通の現場から生まれたサービスのため、生鮮流通特有の不定貫取引などの運用にも柔軟に対応しています。

機能ラインナップ

1. 計画管理
販売計画
2. 受注管理
受注
3. 発注仕入管理
発注
4. 販売・物流管理
作業手配(入荷・出荷・加工)
確定処理(入荷・出荷・加工)
出荷付随帳票出力
在庫管理
計上(売上、仕入、経費)
5. 実績管理
売上・仕入一覧
商品別損益(得意先別、部門別)
6. 他システム連携
会計システム
受注システム
発注システム
  などの各種システムとの連携

よくある質問

システム導入に初期投資、保守費用は発生しますか?
クラウドですので、パソコンとインターネット回線があれば他に投資は必要ありません。
他システムと連携できますか?
各機能で処理されたデータはCSV出力が可能となっており、CSVデータによる他システム連携が可能です。
納品伝票は出力できますか?
チェーンストア統一伝票形式で出力できます。
運送会社への配送情報に利用できますか?
出荷情報を元にした配送依頼書が出力できます。