ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

『アグロ・イノベーション2013』に出展いたしました

2013.11.08イベント開催

2013年10月23日(水)~25日(金)に開催されました『アグロ・イノベーション2013』に当社も出展いたしました。
(於:東京ビッグサイト/主催:一般社団法人日本能率協会)

 


開催初日、会場入口には受付を待つ長い列

目的のブースを真剣に探す来場者

展示会場には、約150社が出展し、期間中およそ1万4千人の来場がありました。会場内では、情報を求める生産者、流通業、メーカーが出展ブースを訪れ、熱気のある商談・情報交換が積極的に行われました。

 


当社展示ブースの様子

ブースには熱心な来場者

当社は、「明日からの取り引きをお手伝い!」をキャッチフレーズに掲げ、生鮮流通に携わるそれぞれの業態(生産者、中間流通業者、小売・量販店)のニーズに合わせたサービスをご紹介しました。

 

農業経営者・生産者の方には、『農場物語』をご紹介しました。 農場物語は、農産物生産者の生産・販売に関わる日々の“困った“を解決するために作られたシステムです。主に農薬のチェック機能、栽培履歴のデータベース化、栽培情報の公開機能などを備えています。生産履歴管理をサポートし、安全・安心な農産物の提供を可能にします。インターネットで簡単に情報をチェックできるので、販売促進の道具として、小売・量販店の方々からも注目をいただいています。

 

小売・量販店、中間流通業者の方には、『生鮮MDシステム』をご紹介しました。
生鮮MDシステムは、小売とその仕入先を結ぶ商物流管理システムです。生鮮品の仕入先から店頭に並ぶまでの情報をトータルで管理し、仕入れの全体像をリアルタイムで把握できるようになります。日々の発注、納品、返品といった情報をシステム上で瞬時に把握することができるので、小売・量販店の適正な商品調達を実現に導きます。

 

また、出展ブース内において、一日数回に分けて、『農場物語』、『生鮮MDシステム』のプレゼンテーションを行いました。多くの皆様にご参加いただき、出展ブースは活気あるものとなりました。

 


足を止め、真剣に話を聞く来場者
当社スタッフの説明にも熱が入ります

システムプレゼンテーションの様子
毎回多くの方にご参加いただきました

『アグロ・イノベーション2013』開催期間中は、多くの皆様にブースにお立ち寄りいただき、貴重なご意見、ご質問を多数いただくことができました。当社は、今後もこういった専門展示会にも積極的に参加し、皆様のお声を事業活動に活かしていきたいと考えております。お客様からのご期待に応えられるよう、今後とも努力を続けてまいります。

 

お問い合わせ等ございましたら、こちらよりお願いいたします。

←ニュース&トッピクスに戻る