課題から探す

適正な在庫管理を行いたい

生鮮品は同じ品目でも産地や規格、入荷日別に管理する必要があります。
また、気候に影響されやすく発注通りに納品されないことや、
仕入単位と販売単位が一致しない等の理由から、生鮮品の在庫状況を正確に把握することは一筋縄ではいきません。
しかし、在庫管理が的確に実施できていないと、
商品のダブルブッキングや在庫ロスが頻繁に発生する可能性が高まります。
また、在庫管理が的確に実施できていたとしても、
それが販売、生産、仕入、配送など各部門間で連携されていないと意味がありません。
生鮮流通業務の最適化には、正確な在庫状況をリアルタイムに把握できる在庫管理の仕組み、
そして在庫状況を会社全体で共有する業務プロセスの構築が求められています。

よくある悩み

  • 「入荷日」「産地」「規格」などのバラバラな在庫情報をまとめて管理したい
  • 複数の拠点と連携し、集荷の過不足をなくしたい
  • 「いつ・何を・どこに・どれだけ」出荷したのか履歴が追えない

私たちのご提案

生鮮流通業の方へ

「受発注」「入荷」「規格」などの情報を一元管理して、
生鮮流通に最適化した在庫管理を実現する

生鮮品は他の工業製品とは異なり商品コードが統一されてません。また、生鮮品特有の複雑な属性の存在が生鮮品の在庫管理をより困難にしています。私たちのソリューションでは生鮮流通の肝となる「産地」「等級」「サイズ」「規格」などの属性をコード別に分かりやすく管理することで、生鮮品に最適化した在庫管理の仕組みを実現しています。

生鮮流通業の方へ

刻々と変化する在庫状況を
会社全体で共有して、ロス率を改善する

日々の入出庫だけでななく、規格外混入や商品破損、廃棄などにより生鮮品の在庫状況は刻々と変化します。この刻々と変化する在庫状況を、販売、生産、仕入、配送などの各部門がリアルタイムに連携することが在庫ロスを最小限に抑え、企業の利益を最大化する鍵となります。「S ii MDシステム」では在庫状況のリアルタイムでの共有を核とした生鮮流通業務のプロセス統合をサポートします。また、システムの理論在庫と実棚在庫の検証により在庫の誤出荷や紛失をいち早く検知し、発生要因を特定するためにも活用でき、より効率的で効果的な在庫管理を実現します。

生鮮流通業の方へ

販売計画から出荷実績までをワンライティングで管理することで、
正確な在庫状況と連動した無駄のない現場運用を実現する

「S ii MDシステム」では在庫情報を中心に販売計画から仕入、受注、加工、出荷、そして売上までのプロセスを統合管理することで、流通工程全体での情報共有と商物一体のリアルタイム運用を可能にします。生鮮品流通は状況の変化が早く行き当たりばったりな対応になりがちですが、販売計画をリアルタイムに反映することで、迅速な対応や、資材準備、作業計画、人員調整が容易になるため、変化に柔軟に対応できる無駄のないローコストの現場運用を実現します。